乳癌を検査する|咽頭がんや乳癌を早期発見して完治と転移を防ぐ|がん診断com

乳癌の検査方法と早期発見のポイントを知ろう

乳癌を検査する

診断

視触診検査

乳癌の検査はまず、乳癌の症状やしこりを確認するために視診と触診を行ないます。自分では症状がわからない場合があるので、定期的に乳癌の検査を受けるようにしましょう。

マンモグラフィ検査

マンモグラフィ検査で乳癌を特定することができます。まだしこりにもなっていない小さな癌を発見することができるため、早期発見のために定期検診でマンモグラフィ検査を受けましょう。

CT、MRI検査

人体を輪切り上に映し出すことのできる検査装置です。乳癌やその他転移している癌を発見することができるので、癌発見に適した検査方法です。腫瘍の広がりや位置を把握することができます。

早期発見に繋がるポイントベスト5

no.1

しこりができる

乳癌を早期発見できた人で病院を訪れた理由として一番だったのがしこりができたことでした。乳房にしこりができたことで心配で早めに病院に来たところ早期発見をできた患者が多いです。

no.2

分泌物が出る

乳頭から分泌物が出たことを異常に感じて病院で検査したところ乳癌が発見できた人が多くいます。何か異常を感じたら早めの受診をしましょう。

no.3

くぼみができる

乳房の付近にくぼみや引きつりを感じたら早めの受診をしましょう。乳癌が進行しているサインなので早期発見で治療をしましょう。

no.4

変色が起こる

皮膚がオレンジ色に変色するのが乳癌の症状として確認されています。異変を感じるのであればお近くの病院へお尋ねください。

no.5

ただれが起こる

乳癌の症状に乳頭のただれが確認されています。ただれやびらんを見つけたら早めに病院へ受診しましょう。

進行してからでは遅い

医者と女性

咽頭がんの症状

咽頭がんは進行してからしか症状がでず、発見が遅れる可能性が高いです。普段から健康に気を付けて予防していきましょう。

READ MORE
診断

乳癌を検査する

乳癌の症状が出てくるのはある程度進行が進んでからです。マンモグラフィ検査では、しこりになる前の小さな癌も発見することができます。乳癌検診を欠かさずに行ないましょう。

READ MORE
婦人

現代の乳癌の危険性

現代社会では乳癌患者が増えていると言われています。現在では12人に1人の人が乳癌にかかるとまで言われている発症率の高さです。なぜ最近になって増えているのでしょうか。原因を探っていきましょう。

READ MORE
広告募集中